あなたは1カ月の事を3分でまとめる自信がありますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「パートナー養成会」でシェアの時間は、圧倒的に価値のある時間です。
アウトプットする機会であり、インプットする機会だからです。

なので、今回からシェアの時間のルールを変えます。
1人3分以内で、前回から、今日ここに来るまでの間で、自分にあった事を話して下さい。
そして、今日ここへ、どんな課題を持って来たのか?という事を話す時間にしたいと思います。

質問などではなく、今日、ここに来るまでに自分にどんな事があったのか?
そして、それを踏まえて、今日は何を課題として、ここに来ているのか?を、アウトプットする機会にして下さい。

まずは、今日、これから始まる時間を最大限、価値ある時間にする為に、自分の中を静めます。
今日、ここで何をするのか?という事を、準備する時間をとりたいと思います。

これは、私がコーチングしているクライアントさんに行っているノウハウの1つです。
1度、自分の中をセットアップする時間になります。

それと同時に、これまでを振り返って、それを端的に皆さんに伝える。
そして、今日の課題に入っていくという時間にしたいと思います。

もう1つ、人が話している様子をみて、みんなこんな事を考えているんだな、と頭の中を言語化していく訳です。
みんな、セールスライターを志している人たちですから、同じ志を持つ人の行為を観る事ができる。
そういった観点からも、アウトプットするという事は、とても大事です。

アウトプットしようとして考えた時に出るものが、自分の中で気付いていなかった感情だったりします。
自分の中で気付けていなかった感情に気付けるという事です。
なので、アウトプットをして欲しいと思います。

ある大統領の言葉ですが、「1時間の演説をしろと言われれば、5分で準備できる」
だけれども「5分の演説をしろと言われれば1日欲しい」と言っていました。
端的にまとめて話すという事は難しいという事です。

もう1つ、ケネディの言葉ですが「複雑なものを簡単にできれば、その人は、一生、お金に困らない」
という事を言っていました。

私は、つい最近、この言葉に出会って、僕の、今世でいただいた役目というのは、これなんだと思いました。
複雑に絡み合って、複雑に見えるものの中で、たった1つ重要な事を見つけるという事。
これが、今世できる僕の役目である事がわかりました。

セールスライターの仕事というのは、そういう事なんです。
回りくどくしゃべる、それはコピーライターさんにお任せしたら良い。

セールスライターの仕事は、物事の核心を見極め、その核心を理解する為に必要なパーツを提供していく。
そして、それを、理解できる順番で提供していくという事です。

なので、3分でまとめる練習をする訳です。

↑動画内の「この続きはここをクリック」に何も表示されない方はこちら

P.S.
毎月たった1万円で、楠瀬健之からこんなサポートを受けながら、
セールスライターとして起業したい人は他にいませんか?

「正直、月1万円でここまで出してしまってもいいのか」…と楠瀬も悩む、サポート内容の詳細はこちら

https://kusunosetakeshi.com/support

P.P.S.
この記事への「コメント」「質問」「いいね!」大歓迎です。これからもセールスライターの集客代行ビジネスモデルについての情報を発信していきますのでお楽しみに!