起業時にお金以上の価値を社会に返すべき理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セールスライティングというスキルは
社会に価値を増幅するお仕事です。

より多くの、出来る限り沢山の人間の
感情を皆さんの中にインストールして、
その方たちに影響を与える。

価値のあるものをその方たちに手に取って
使ってもらうお仕事です。

そして、その人の人生を豊かにする
お仕事です。

その責任を負うお仕事です。

いつまでも社会の
お客さんでいてはいけない

自分のことだけを考えていたら
何の役にも立ちません。

何が言いたいかというと、いつまでも
社会のお客さん気分でいてはだめですよ、
という事です。

今まではお客さんだから助けてくれました。
価値がないときだって、
先にお金を貸して人は雇ってくれます。

時給1,000円の方がバイトに新しい仕事を
教えるときは1,000円の方の時給を
吸い取っています。

その方が時給800円だとしたら
800円払って1,000円の方の生産性も
0になりますので、

役に立つまで1,800円借金をしています。

役に立ったと思ったら私一人で出来ますと
独立する。

借金だらけの人生です、そんな人生。

だから不義理をするなという話です。

起業するという事は・・・

今まで雇われで働いていた方は、
その生き方で生きて来ました。

世界が変わったからその価値観を
変えないといけません。

今までは意識した事は
無いかもしれないけど、最低限の責任は
果たしていても

社会から助けてもらい続けて生きています。

これからは違います。

社会のお客さんではありません。

社会の資本を預かり、増幅するお手伝い、
起業とはそういう事です。

社会から責任を預かって
価値を届けることが起業です。

飲食店もすべてそうです。

例えば、1,000円でお食事をして頂いたら
1,000円以上の価値を届けないといけません。

1,000円以下の価値を届けるから
そのお店は潰れます。

独立起業するという事はそういう事です。

社会から借金をしている

社会からお金を預かり、
それ以上の価値にして
社会に返す事をしています。

雇われているというのは
社会から借金をしているという事です。

社会からお金を頂いている。

もちろん雇われているという事が
素晴らしくないという訳ではありません。

役目を果たしてくれます。

その方たちもいないといけないので、
全ての方が素晴らしいし意味があります。

↑動画内の「この続きはここをクリック」に何も表示されない方はこちら

P.S.
毎月たった1万円で、楠瀬健之からこんなサポートを受けながら、
セールスライターとして起業したい人は他にいませんか?

「正直、月1万円でここまで出してしまってもいいのか」…と楠瀬も悩む、サポート内容の詳細はこちら

https://kusunosetakeshi.com/support

P.P.S.
この記事への「コメント」「質問」「いいね!」大歓迎です。これからもセールスライターの集客代行ビジネスモデルについての情報を発信していきますのでお楽しみに!