セールスライターならこの動画をHPでどうプロモーションする?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

840x500

高知発のアイドルグループ『爺-POP from 高知家 ALL STARS』をご存知でしょうか?

すんごいですよ~!と力説したくなりますが、まずはこちらをご覧ください。

この『爺-POP from 高知家 ALL STARS』は、高知のご当地アイドルです。
約1年前に華々しくデビューしました。
結成当時の合計年齢は336歳、平均年齢はなんと67.2歳!

デビュー曲の「高齢バンザイ!」はYouTubeで50万回以上再生される大ヒットを記録。
約1年を経た今年2月、合計年齢341歳、平均年齢68.2歳となった彼らが動きました。
それが上で紹介したPV「I Was Young」です。

ダンスがあるだけではありません。
今回はすべての歌詞が英語で歌われています。
やるなGさんたち…

デビュー曲はグループの合計年齢もあってか、海外からも注目を集めていました。
もしかしたら、新PVの歌詞は世界を視野に入れてのことかもしれませんね。

あなたならどう伝える?

50万再生をたたき出したデビュー曲も、今回の新PVも、ただ作っただけでは誰も見てくれません。
ヒットの裏には、あちこちで見てもらうために行った活動があります。
その見てもらうための活動こそが、セールスライターの活躍する場面ですよね。

今回のように目的が動画を見てもらうことだった場合、あなただったらどんな記事にしますか?
ちょっとだけ想像してみてください。

・・・

 

比べてみよう

どんな記事の構成にするか、イメージはできましたか?

この動画を見てもらうために、とても上手な紹介をしているページがあります。
その構成をセールスライター目線で見てみるとこんな感じでした。

ヘッドライン

やはり目を引くにはヘッドラインです。前作を見たことのある人はもちろん、知らなかった人にもインパクトのある内容で訴えかけています。
サブヘッドで、スパイス程度に情報を付けたしているところもポイントですね。
ここだけで記事全体の雰囲気が感じられます。

リードから即動画へ

リードは必要最低限、動画に興味を持ってもらうための内容だけを書いています。
文章を短くして第一画面内に動画まで収まるようにしている、というところをチェックしてください。
目的はあくまで動画の再生なんですね。

動画下のキャプションにも注目!
ボソッとひとこと書いてあるだけですが、動画をスルーしようとした人の手を止めるインパクトがあります。

ボディ、そしてキャプチャーへ

ライターさんの本領発揮です。
ボディコピーでは『爺-POP from 高知家 ALL STARS』の魅力をコンパクトにまとめてありますね。

ここも本文の長さがポイント。
あまり長すぎず、次のキャプチャーが画面内に表示される程度になっていました。
人は字よりも画像に目が行きます。
本文が読み飛ばされたとしても、キャプチャーを見て動画に戻ってくれればいい訳ですよね。
画像下の短いキャプションも楽しいので、引き戻しに一役買っています。

もうひとつ、画像の順番にも注目してください。
動画から切り出したまま並べている訳じゃありません。
ブレットと同じ考え方ですね、効果を考えての配置となっています。

 
 

動画を見てもらうために、いろんな工夫が凝らされていますね。
セールスライターとして見るだけで、発見できるところがたくさんあります。

ふだん何気なくページを見ているときに、思わず最後まで読んでしまった時ってありますよね。
そのまま素通りするのではなく、どうして最後まで読んでしまったのかを分析してみる。
そこには参考になる工夫、関心するような秘密が隠されているかもしれません。

今日は人生の大先輩、高知発・高齢アイドルのGさまたちにいろいろと教わりました。

参考にさせていただいた記事はこちら
↓↓↓

高知のおじいちゃんアイドル「爺-POP」が新PV、今度は全編英語詞 合計年齢341歳に上がるも離脱者なし
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1702/24/news119.html