セールスライターが一番知りたいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セールスライターの方から話を聞いていると、みなさんが一番知りたい情報があることに気づきました。それは、「セールスライターとして起業するときのプロセス」でした。具体的にどういう手順で仕事をとったり、成果を出していけばいいのかということです。

確かにセールスライター業界は情報が少ないです。セールスコピーを勉強するという最初のところはかなり充実しています。そして、目指すべきゴールとして「好きな場所・好きな人と・好きな時間だけ働く」ということがあります。これは実現可能なことではありますが、両者をつなぐ「中間」のやり方がすっぽり抜け落ちてしまっています。

楠瀬は5年前、30歳のときにセールスライターをキャリアとすることを選びました。その楠瀬がどうやってセールスライターとして成果を出してこれたのかをお話しすることで、みなさんには参考にして欲しいと思いました。

楠瀬は、まず30歳のときにジェイ・エイブラハムのコンテンツ販売権を購入するところからキャリアをスタートさせます。愛知県の販売権を手に入れることができたので、名古屋に引っ越しました。まだ仕事があるかどうか分からないにも関わらず、名古屋の中心部、けっこう家賃の高いところに住んでしまいました。

そこから、しばらくみっともない話が続きます…。今回はここまでのお話をしています。

P.S.
セールスライターのための「楠瀬健之パートナー養成会」の募集は締め切りました。次回募集の優先案内はこちらから。

http://kusunosetakeshi.com/partner/

P.P.S.
この記事への「コメント」「質問」「いいね!」大歓迎です。これからもセールスライターの集客代行ビジネスモデルについての情報を発信していきますのでお楽しみに!