顧客単価アップをしてはいけない理由【美容室集客知恵袋】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美容室オーナー様から質問をいただきました。

Q.トリートメントをしているお客さんに店販商品の販売や顧客単価アップのための体験会を開催したら失客されずに販売できるでしょうか?営業日の午前中にお店でトリートメントをしているお客さん限定の体験会を開催して、顧客単価のアップを図りたいのですが、失客されずに顧客単価のアップはできるでしょうか?

今回はこんな話をしています。

・売り込みをしてはいけません。
もし、体験会を開催する場合は、少しでも売り込みを感じたら、失客をしていまします。なぜ、体験会をお勧めできないのか?

・顧客単価のフォーカスをしていませんか?
顧客単価を上げてしまうと、経営を圧迫をしてしまいます。なぜ、単価が上がり、リピートもされているのに、経営が圧迫するのか?

・お客さんは優先順位をつけています。
お客さんの給料は有限です。つまり、あるお金の中から優先順位つけて使っています。なぜ、顧客単価を上げると優先順位が下がってしまうのか?

楠瀬健之【公式チャンネル】

楠瀬健之【公式Facebookページ】

日本美容室出版


コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>