【セールスライターの真実3】起業する人が必ず用意しておくべきもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

起業を目指している多くのセールスライター志望の方には共通の悩みがあります。クライアントを何で取っていくのか?フロントエンドで何を売って、バックエンドはどうするのか?など「どういう風に、仕事を進めていけばいいのかが分わからない」というものです。

すぐに思いつくのは、広告を作るというのがあるかもしれません。でも、そのあとはどうやって、次の提案をしていけばいいのか、どうやって安定した収入を得ていくのか?というのが中々見えてこないようです。

なので、楠瀬は最短で起業できるためのセールスライターのビジネスモデルを作りました。では、どうやってやっていくのか?最短で起業すると言っても、クライアントを取れなければ始まりません。そこでまずやるべきことは「完全無料で情報提供する」ことです。

役に立つ情報を発信していくことで、あなたに興味をもってもらうのです。そのためにブログを書くのもいいのですが、残念ながら最近は大手ブログサイトでも読む人がいなくなってきています。

なので、あなたがこれから情報を発信していくために理想的なものがあります。自分を売り込もうとした時に、クライアント候補からも「見せてください。」とよく言われることがあるものなのですが、これがないとあなたの信頼性が下がってしまうかもしれません。

それが何かというと「自分のメディア」です。これからのセールスライターは、自分のメディアを持つべきだと楠瀬は考えています。

今回の動画では、「どんなメディアを持って、そのメディアをどのように使っていばいいのか」についてお話ししています。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料動画セミナーへのアクセス方法をお送りします。今すぐご登録ください。

メールアドレス

※携帯メールのアドレスは登録できません。 ※フリーメールのご登録はご遠慮ください。 ※利用規約を必ずお読みください。

«
»