顧客から「私もこうしたい」と言われる広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

顧客から「私もこうしたい」と言われる広告を作る方法があります。
そのような広告を作るには顧客が購入に至るまでの頭の中を知ることが重要です。

そして、今後は薬事法に引っかからない表現をしなくてはなりません。
なぜなら薬事法が厳しくなり、効果効能が謳えない時代に突入したからです。

「治す」「予防」「増強」「美白効果」「エイジング効果」
など以前、普通に謳えた文言に次々にNGが出るようになりました。

メリットベネフィットが言えないということは、
コピーの力が発揮できないことも同時に意味しています。

そんな中でも、効果的に商品やサービスの効果を顧客に伝える
方法はまだ存在します。今回の動画では、薬事法に引っかかること
なく売れる広告についてお話しています。

・お客さんはなぜ商品説明に興味を示さないのか

・商品説明より魅力的な広告

・頭の中で1回使ってもらえ!とはどういうことか?

・お客さんは満足したら買うということを理解できているか

・まるでショールームに来て見積りをしてもらった感覚とは

・お客さんから「うちもこんな感じにして欲しい」と言われる方法

・あなたは大丈夫?どこにでもある広告になる危険性

もしあなたが薬事法に怯え、商品の良さを伝えるのに
くすぶっているのなら、もっとお客さんから欲しいと言って
もらえる広告をつくりたいなら下記の動画を確認してみてください。

追伸

この記事への「コメント」「質問」大歓迎です。これからもより経営者の悩みに寄り添い、それが解決でき、あなたの事業が最大化できるような情報を発信していきます。この記事が、あなたや誰かのためになると感じましたらぜひ下の「いいね」ボタンなどでシェアして下さい。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料動画セミナーへのアクセス方法をお送りします。今すぐご登録ください。

メールアドレス

※携帯メールのアドレスは登録できません。 ※フリーメールのご登録はご遠慮ください。 ※利用規約を必ずお読みください。

«
»