商品広告より売れる広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

売りたいなら商品広告はやめておいた方が良いでしょう。
商品の使い方や、こと細やかな説明だけを書いた広告を
出しても売れないからです。そのような広告は既に世の中に
溢れていてお客さんはうんざりしているからです。

もちろん見たこと聞いたことがないとか、
見た目が良いとかそう言った広告は「見てもらえる」
かもしれませんが、売れるかどうかは別の話です。

今回の動画ではその商品広告より売れる広告の
理由と具体的な例をお伝えしています。

・商品の広告より売れる広告

・売れる広告に載せるべき項目

・お客さんは自分に◯◯◯◯の物が欲しい

・増えれば増える程見てもらえる広告とは

・ライバルが勝てない広告とは

・「うちの業界の例はありますか?」と聞いてくる心理

・商品広告よりなぜこの広告の方が売れるのか

・お客様の声とこの広告の違い

・お客さんが買うのはこの体験ができるから

もしあなたが商品広告で売れなくて困っているなら、
どのように広告すれば売れるのか悩んでいるなら、
下記の動画を確認してみてください。

追伸

この記事への「コメント」「質問」大歓迎です。これからもより経営者の悩みに寄り添い、それが解決でき、あなたの事業が最大化できるような情報を発信していきます。この記事が、あなたや誰かのためになると感じましたらぜひ下の「いいね」ボタンなどでシェアして下さい。