これなら中小企業も生き残れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中小企業は小回りがきく利点があるものの、一方で資金力や知名度に欠けるのが弱点です。世の中のニーズに応えようとした時に、営業マンを増やしたり、チラシを増やしていては、すぐに資金が尽きてしまいます。昔はそれでも費用対効果が合ったのですが、現代はそうもいきません。

どうすれば世の中のニーズに応えられるかというと、ホームページを作ると良いのです。それも数十万かかるではないかというお叱りを受けそうですが、チラシをセグメントしたり、営業マンを多く雇うよりも安く済みます。つまり、ホームページをコーポレートサイトでもなく、LPにPPCをかけるためだけのサイトにするのではなく、チラシや営業マン代わりにしてしまうのです。

この動画は、どうすれば中小企業が生き残れるのかをお話しています。

1、集客効果・リピート率が高いチラシは◯◯オファー

効果が高かった集客方法をご紹介しましょう。それは「無料オファー」です。もちろん、その後ろにDRMでリピートしてもらう仕組みを作ること、リピートしてもらう自信がある商品やサービスを提供することは大前提です。これだけで、集客できる人数もリピート率も段違いにアップします。私の経営する整体もこれで月商100万を超える見込みです。

ですが、残念なお知らせをすると、これは中小企業ではなかなか耐えられません。利益が出るまで時間がかかりますし、かなりリスキーな施作です。ただ1つだけ、中小企業を経営するあなたでも似たような効果を得る方法があります。

2、中小企業が生き残る方法

この方法が恐ろしいのは、最初が真っ赤かな点です。無料ですので赤字になるのは当然なのですが、これだけ垂れ流すのは中小企業では耐えられないですし、危険です。もし万が一後ろでリピートしてもらう仕組み作りができていなかったり、商品やサービスに欠陥があればそれで終わりです。この無料オファーは大手並みの手法ですので、実は中小企業にはあまりおすすめできません。

ですが、中小企業でも世の中のニーズでもある多様性に応える方法が1つあります。それはホームページを活用するのです。ホームページに全ての切り口を用意しておけば、他の媒体でとにかくホームページに飛ばしてしまい、ホームページ上で多様性に応えることができるのです。これならチラシをセグメントしたり、営業マンを雇うよりは安価で済みますよね。

3、ホームページの活用法

より効果のある集客方法は、まずはチラシでボリュームゾーンを狙います。そこからHPに飛ばして、多様性に応えるのです。そうすることによって、お客様の教育をすることができて、実際に来店や購入してくれる人が必然的に増えるのです。なぜなら、ホームページが自分のニーズに応えてくれたからです。

追伸

この記事への「コメント」「質問」「いいね!」大歓迎です。これからも経営者向けに役立つ情報を発信していきますのでお楽しみに!