売ることが怖くない根拠

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「顧客の68%は相手にしてはいけない」と私の事業で実践・証明した事実をお伝えしました。
どの顧客層と取引をし、どの顧客層を大切にすれば、あなたの事業が伸びるかをご紹介しました。

それでは商品やサービスを開発する時に、どの顧客層に合わせればいいのでしょうか。
何を気をつけて、何を売ればいいのでしょうか。

多くの経営者が、リサーチ不足のまま商品やサービスを開発してしまいます。
市場も、競合を調査することはもちろん大切ですが、
あなたがまず先に見るべきなのは、あなたの事業の顧客です。
灯台下暗しではりませんが、近い存在を気にせず、
商品やサービス開発が失敗するケースも後をたちません。

今回の動画では、相手にすべき顧客層に何を売ればあなたの事業が大きく安定化するかをお伝えしていきます。

・この顧客層に合わせれば事業も利益も最大化できます

・頭のおかしい(世間からずれた)顧客層に合わせると失敗します

・実は私たちのような売り手より商品に詳しい客層

・顧客層からヒントを得るベストな商品パッケージ

・ベストな商品パッケージが顧客層をより良い層へ引き上げる

・あなたに必要な顧客層の見分け方

・怖いけどやって良かった販売方法

・無料で集客した顧客に高額パッケージを売ると成功する理由

・なぜ初回で高額パッケージを売ると利益に繋がるのか

なぜ私がこんなに大胆な売り方ができ、相手にしたい顧客層だけを相手にしながら、
利益を最大化できたのか、下記の動画を見て確認してみてください。
これを見た後は、あなたも大胆に高額パッケージを顧客に売ることができるようになり、
好きなお客さんと、事業に潤いが手に入るでしょう。

追伸

この記事への「コメント」「質問」大歓迎です。これからもより経営者の悩みに寄り添い、それが解決でき、あなたの事業が最大化できるような情報を発信していきます。この記事が、あなたや誰かのためになると感じましたらぜひ下の「いいね」ボタンなどでシェアして下さい。