企業が生き残れない3つの原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もうご存知だとは思いますが、事業が終焉する原因の最大の理由は顧客がいなくなることです。
事業を継続したいのであれば集客が何よりも重要であることをDRMを学んでいるあなたならもう気づいているでしょう。

そして、新規集客だけでなく既存の顧客がいなくなってしまうリスクも忘れてはなりません。
既存の顧客がいなくなれば、新規集客をしなくてはならないという悪循環に気づいていない経営者が多いのも事実です。

顧客がいなくなるのは、サービス提供プロセスかもしれませんし、商品に不満があるからかもしれません。
無視されている、大事にされていないと感じているからかもしれません。
ですが、そこを改善する時に気をつけなければ、更に顧客を失い、自分の首を自分で絞めることになるかもしれません。

今回の動画では、なぜ企業が生き残れないのか、3方向から見た原因をお伝えしていきます。

・必要最低限しか買わない顧客に合わせるとどうなるのか

・安ければ安いほどビジネスは広がるが・・・

・マクドナルドや吉野家は反面教師の例

・低価格商品が中長期的に厳しい理由

・低価格商品は膨大な管理コストがかかる

・管理コストには当然人件費も入ってきます

・中小企業が求人が厳しい理由

・中小企業が勝負に勝ち生き残る方法

事業を継続していきたいのであれば、生き残るための本質を知り、下記の動画を見て確認してみてください。
これを見た後は、大切な顧客を大切にすることに安心して集中し、事業を守りながら、次の一手を打てるようになるでしょう。

追伸

この記事への「コメント」「質問」大歓迎です。これからもより経営者の悩みに寄り添い、それが解決でき、あなたの事業が最大化できるような情報を発信していきます。この記事が、あなたや誰かのためになると感じましたらぜひ下の「いいね」ボタンなどでシェアして下さい。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料動画セミナーへのアクセス方法をお送りします。今すぐご登録ください。

メールアドレス

※携帯メールのアドレスは登録できません。 ※フリーメールのご登録はご遠慮ください。 ※利用規約を必ずお読みください。

«
»