誰かに操られる人生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの人が自分で考えることを放棄していることにお気付きですか?文句を言いながらも、それでも自分で何かをしないということは、逆に誰かに操られることを望んでいるのです。しかし、あなたに富をもたらすVIP客は違います。自ら考え、自分で選択することを望んでいるのです。確かに、考えたくない顧客には売りやすいでしょうが、自分で考えない顧客がVIP客になることはないでしょう。

この動画では、VIP客にならない顧客とVIP客になる顧客についてお伝えします。

誰かに操られることを望む顧客

基本的に下位層の顧客は特に何かを考えて購入しているわけではありません。安いからとか、自分の願望が簡単に叶えらえそうだから買うのです。ですが、VIP客は違います。投資意欲があったり、どうすれば自分自身にプラスの要素になるか考えながら購入するのです。つまり、VIP顧客は自分に合うように購入したいのです。考えたいのです。考えられないから、つまらないから離脱してしまうのです。

これを知らないから損をしている

いつも新規に困っているのは、この考えない顧客ばかりを相手にしているからです。顧客に購入時に考えさせてはいけませんが、いずれ考えさせる仕組みは必要です。考える顧客は圧倒的に少なく、考えない顧客がVIP客にならなくてはいけないからです。この仕組みを知っているか、整っているかでビジネスの安定感が決まります。

考えなくて済む商品

ですが、VIP顧客だけでビジネスが成り立つかと言えば、絶対にそう出来るとは言い切れません。新規顧客がほとんどいらない状態になったとしても、全く流入をさせなくてもよいかといえばそんなことはありません。たまには新規客必要ですし、VIP客に育つまでの過程も必要です。その際には、「考えなくても済む」商品が必要です。つまり、顧客によって商品を用意し、こちらから意図的にVIP客になる提供がなされることが重要なのです。

追伸

この記事への「コメント」「質問」大歓迎です。これからもより経営者の悩みに寄り添って、それが解決でき、あなたの事業が最大化できるような情報を発信していきます。この記事が、あなたや誰かのためになると感じましたらぜひ下の「いいね」ボタンなどでシェアして下さい。