幸せな結婚生活を送りたいなら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく顧客との関係性を、恋愛関係に例えます。恋愛関係のゴールは結婚することではありません。良い結婚生活を続けることなのです。顧客との関係性もたった1回きりデートをして終わりではありません。顧客が価値を感じて何回かデートを重ね、互いに魅力を感じて結婚して、VIP客として良好な関係性を続けることが理想的な状態です。そしてその幸せな結婚生活を続けるための必須条件は「ポジティブな関係性が継続し続ける」ことです。

仮に、結婚生活において片方のパートナーが「あなたがいないとダメ」とネガティブな思考で、もう片方が毎日充実した日々を送りポジティブな思考だとします。最初のうちは後者が励まして何とかやっていけるかもしれません。しかし、そんな関係は長く続かないので、将来的には離婚してしまう確率が高くなるでしょう。顧客も同じです。あなたがネガティブな商品やサービスを提供し続けるなら、ネガティブな関係性でしか繋がれないどころか、最終的にはお別れが待っているでしょう。

この動画では顧客との結婚生活を上手に送り続けられる根本的な部分をご紹介します。

先のこと本当に考えてますか?

結婚生活がうまくいかなくなる多くの原因は「価値観の不一致」です。価値観が合わないために、相手の気に入らないところを責め続けるから100年の恋も一瞬で冷めるのです。結婚生活は非常に長いですから、外見が良いから、収入が高いからなどと短期的な面ばかりで相手を決めてはいけません。マインドや習慣など内面の長期的な部分をしっかり考慮することが重要です。なぜならそこは簡単にかえることができない部分だからです。そこが噛み合わないのに長年寄り添える訳がないのです。

顧客も同じです。何でも人任せで自立せずに他人に依存して文句ばかり言っている顧客と、自分にとって理想的な顧客とビジネスがしたいと思っているあなたが長い関係を築けるはずもありません。

互いに地獄に落ちたいですか?

共依存という言葉をご存知ですか?心理学用語なのですが、語源はアルコール依存症になってしまったパートナーを、もう片方が献身的に支え続けるうちに、結局問題を抱える本人の根本的な解決できないどころか、もう片方も似たような泥沼の状態に陥ることを指します。これ、悲惨な状態ですね。しかし、ビジネスでもこの悲惨な状態は起こりうるのです。問題解決商品やサービスだけを売り続けと、問題を抱えた顧客しか寄ってこないのです。

幸せな結婚生活を送り続ける良い方法

顧客と幸せな結婚生活を送り「続ける」ためには価値観の合う人と過ごすこと、そしてポジティブな状態を続けることです。ちょっと待って!新規顧客の流入は問題解決商品やサービスが良いんじゃないの?と思ったあなたは優秀です。そうです、まずはネガティブな商品から入った方がビジネスは構築しやすいことは間違いありません。そしてその後が重要です。要はネガティブな商品やサービスを提供し続けるのではなく、どこかでポジティブな商品やサービスに変換されることがポイントなのです。ネガティブな人がポジティブな人になれば、ポジティブな関係性を続けることができます。最初からポジティブな人に越したことはありませんが、途中から良い方向へ向かうことだって有り得ますからね。

追伸

この記事への「コメント」「質問」大歓迎です。これからもより経営者の悩みに寄り添って、それが解決でき、あなたの事業が最大化できるような情報を発信していきます。この記事が、あなたや誰かのためになると感じましたらぜひ下の「いいね」ボタンなどでシェアして下さい。