コピーが使えない業種が続出する時代

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

経営者であるあなたは、法などにも敏感で、経営に何かしらの影響がないかを考えているでしょう。ここ最近で話題になっているのは、「薬事法」です。DRMを学び、コピーの力を知っているあなただからこそ、知っておいた方が良いことがあります。

医療品を暗示させるような効能などはうたえなくなります。となると、ベネフィットをうたえないということです。つまり、使えるコピーが限られてきてしまいます。薬品や化粧品、サプリメントなどの業種はもちろん、HP制作会社、広告会社なども気をつけなくてはなりません。そんなことはなかなかないとは思いますが、ひどい場合は逮捕もあり得ますので、ご注意いただきたいところです。

この動画では、経営者である薬事法ついての留意点やそれに対抗する戦略をお伝えしています。

ないと困ることを暗示される物

この抵抗できない薬事法に、何とかまだ打つ手立てはあります。通販のみならず、どの業種にもおすすめな方法です。メインの商品に同梱すると良い物です。それは「ないとどうなるか」が暗示できる問題解決テンプレートがあることです。例えば、◯◯病は□□という成分が欠乏していることで発症することが分かりました。と顧客に伝えるのです。逆に薬事法では□□という成分が、◯◯病に効果的ですと表現するのはNGなのです。結果は同じようなものなのですが、表現1つで法的にNGなのか、問題なく売れるのかの明暗を分けます。

ベネフィットをうたえなくなる

◯◯に効果がありますとか、△△で治りましたなどと医療品を暗示させる表現ができなくなるので、ベネフィットをうたうコピーが使えなくなります。そうですよね、誰だってベネフィットが言いたいのです。不安を煽るよりも、ポジティブなイメージを持ってもらいたいですよね。その気持ちはよく分かりますが、法的に使えなくなるので仕方がありません。ここで発揮できるのがコピーの力です。

問題が明らかになると良い

先ほど、「ないとどうなるか」暗示できると良いと述べましたが、それを深堀りすれば顧客にとって、その商品やサービスを失うことでどのようなデメリットがあるのか、問題が明らかになればベストですね。ないと困るのは分かった、では具体的にどう困る?ということが明らかになれば良いですね。

追伸

この記事への「コメント」「質問」大歓迎です。これからもより経営者の悩みに寄り添って、それが解決でき、あなたの事業が最大化できるような情報を発信していきます。この記事が、他の経営者のためになると感じましたらぜひ下の「いいね」ボタンなどでシェアして下さい。