顧客が支払いたくなる仕組み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

顧客の財布状況を見て値決めをすることは非常に重要です。何も考えずにに単価を上げれば、離脱率が上がり、リピート率は下がってしまします。そして売上アップを狙うのであれば、顧客の通常予算の外の項目に注目すれば良いのです。

顧客の通常予算のアプローチに成功したら、その後はその項目が維持されてないと元の状態に戻るだけです。顧客がいつもと異なる予算感で使い続けてくれるポイントは、VIP客のボリュームゾーンがあるという点です。

この動画では、上顧客が別の予算感を維持してくれる仕組みをご紹介します。

顧客に考え直してもらう

例えば、整体に通っている方は月々の施術料金は決まっているものです。そこに売上アップを図ってアプローチしてもうまくいきません。頻度が下がり、来院しないと関係性が築けないので、離脱率も上がってしまいます。

ですので、顧客のお財布事情に悪影響を与えない部分にアプローチしましょう。先程の整体を例にとれば、施術料金ではなく枕などのアイテムを販売するのです。そうすることで、月々の別の予算感で顧客が支払ってくれます。

VIPはポジティブ商品が売れる

顧客の異なる予算感にアプローチできたとしても、そこがリピートされなければ新規客を取り続けていることと何ら変わりはありません。顧客に価値を感じて支払いを続けていただくためには、やはりポジティブ商品の提供が鍵になってきます。

1番おすすめなのは、健康を維持するためのサプリメントの提供です。整体に通い続けるような顧客は健康意識が高いですし、それが維持できるのであれば財布の別の予算感に組み込んだ後に固定してくれるようになります。これが理想的な姿です。

追伸

この記事への「コメント」「質問」大歓迎です。これからもより経営者の悩みに寄り添って、それが解決でき、あなたの事業が最大化できるような情報を発信していきます。この記事が、他の経営者のためになると感じましたらぜひ下の「いいね」ボタンなどでシェアして下さい。