あなたの余裕をつくるための決めセリフ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのビジネスで、顧客選びは非常に重要です。やはり余裕がない時はそんなことも言っていられないですし、嫌な顧客でも売上のためならと付き合ってしまうこともあるでしょう。誰だって、相性が良くてきちんとフィーを支払ってくれて、いちゃもんをつけて来ない顧客が良いに決まってます。そんな良い顧客ばかりになれば、あなたの気持ちや金銭的にも時間的にも余裕が出てくるでしょう。その夢のような状況を手にいれる方法が1つあります。それは自分のお気に入りの顧客に「もっともっとあなたに貢献したい」ということが伝われば良いのです。

この動画では、どうすればあなたの余裕ができるのかをお伝えしています。

1、VIP客にはどっちの方がいい?

VIP客が反応する商品やサービスと言えば、「高単価」もしくは「VIP客用の多様性ボリュームゾーン」のものです。細かく説明すると高単価の商品はVIP客のように資金に余裕があり、それが満たされるようなお金さえあれば買える商品やサービスと根源的欲求を満たしてくれるものを指します。根源的欲求とは、人間の3大欲求に関連するものを満たしてくれる物です。これはどちらも外すことができません。あなたの売上を占める非常に大切な部分だからです。

2、担当者がいた方がいい理由

どちらかと言えば、高単価な商品やサービスの方が作り出しやすいですね。しかし、VIP客が反応するボリュームゾーンも外すこともできません。それはどのように対応していくかと言うと担当者をつけるのです。新規顧客を獲得するために人を割くくらいなら、このようなあなたのビジネスを飛躍させてくれるところに費用を充てられると良いのです。

3、あなたの余裕をつくるための決めセリフ

そして、その素晴らしい顧客と良い関係を続けていきたいのであれば、このようなセリフがあるとベストです。「もっともっとあなたに貢献したいので、今の契約の形態を変えて下さい」というセリフです。これでフィーが2倍になった人を知っています。そうすることによって、嫌なクライアントを切り、時間も精神的にも金銭的にも全てにおいて余裕が作れました。たったこの1言がその人のビジネスを劇的に変えたのですね。

追伸

この記事への「コメント」「質問」大歓迎です。これからもより経営者の悩みに寄り添って、それが解決でき、あなたの事業が最大化できるような情報を発信していきます。この記事が、他の経営者のためになると感じましたらぜひ下の「いいね」ボタンなどでシェアして下さい。