セールスライターの報酬はホームページで劇的に上がる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クライアントにホームページを作ってもらうことで、セールスライターの仕事が一気に簡単になります。

ホームページでその会社や社長のことを魅力的に伝えることができれば、ホームページは社長の分身として365日24時間働いてくれます。そうすると広告費を使えば使うほど、売上を伸ばすことができるようになります。チラシやウェブ広告は文章量が限られていますが、ホームページに誘導さえしてしまえば、あとは勝手にホームページが売ってくれるようになります。広告費が増えれば増えるほど、セールスライターの仕事も増えていくのです。

以前はここまでの効果はホームページにはありませんでした。しかし通信インフラの発達、スマホの普及などにより、今では多くの人に簡単にホームページを見てもらえる環境が整ったのです。

そして、ホームページを見てもらえれば、初めての来店・購入からすでに信頼感が高まった状態になっています。そうするといきなり高額商品を売ることも簡単です。

「いきなり高額商品を売る」というと、抵抗感がある人も多いかもしれません。しかし考えてみて下さい。「人からただでもらった高額商品」。今でも大切に使っていますか?一方で、「使い勝手がものすごく悪いけど、高い金を払って買ったのでいやいや使っている商品」はありませんか?

人は、「使わなくなる」からその商品をリピート購入しなくなります。ということは、最初から高額であっても売ることができれば、それは実はそのままリピート率の向上にもつながるのです。

今回の動画では…

・ホームページを社長の分身にする方法
・ホームページは今では必須のツール
・高額商品をいきなり販売することで逆にリピート率を上げる方法

について解説しています。

P.S.
セールスライターのための「楠瀬健之パートナー養成会」の募集は締め切りました。次回募集の優先案内はこちらから。

http://kusunosetakeshi.com/partner/

P.P.S.
この記事への「コメント」「質問」「いいね!」大歓迎です。これからもセールスライターの集客代行ビジネスモデルについての情報を発信していきますのでお楽しみに!

lptolink