セールスコピーでお客さんをファン化する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セールスライターが行う集客代行の「3ステップ顧客成長集客システム」では、1ステップ目として見込み客(B)が新規集客で購入者(A)となり、2ステップ目では短期間の信頼獲得をして定着(AA)してもらいました。最後の3ステップ目は、優良顧客(AAA)になってもらう段階です。ここで初めてお店を好きになってもらいます。ファン化です。

ファン化の重要なポイントは、お客さんの関心を絶えず引き続け、感謝の気持ちを伝え続けること。この場面もセールスコピーの出番です。セールスライターとしてあなたのコピーが求められます。

この動画は、セールスライターが集客代行の中で行う施策のうちファン化の重要なポイントについてお話しています。

1.DMでお客さんに反応してもらうためには?

クライアントの集客代行をしていて、お客さんから反応がもらえないのは、そもそも送ったダイレクトメール(DM)を読んでもらえていないからです。では、どうすれば読んでもらえるか?それはお客さんに「お店から届くDMは、いつも楽しくて、役に立つから見たい。読んでおこう!」と思ってもらうこと。お客さんの関心を絶えず引き続ける―。これがポイントです。

2.感謝を伝えることに隠されたパワー

想像してみてください。あなたが相手に対して何らの行動をした。すると相手がすごく喜んでくれた。一度そういう経験をすると「またしよう!」と思いませんか?

それは、「感謝=承認」だからです。

反対に、いろいろしてあげたのに、相手から「ありがとう」って言ってもらえなくて怒ったことありませんか?「もう二度とやるか!」って。人は、自分のした行動に対して喜んでくれるとその相手に好感を持ち始めます。感謝を伝えること自体が計り知れないパワーを持つのです。

だからこそ、セールスライターであるあなたは、クライアントがお客さんに感謝を伝えることができるような施策(イベント)を作っていく必要があります。そうすることでお客さんがクライアントのお店をどんどん好きになってくれますから。

3、お客さんが買わなくなる理由

お客さんが買わなくなる理由を知っていますか?
それはお客さんの気持ちの中に「自分がこのお店で買ってもお店側が喜んでくれていない…、感謝されていない…。」と思うことです。

クライアント側の、お客さんがお店に来て、商品やサービスを購入してくれて嬉しい、ありがたい気持ちは本物なのですから、それを伝えないのはもったいないですよね。

  1. お客さんが買ってくれたことを本当に喜んでいると店側が伝えること
  2. そしてそれがお客さんに伝わっていること

この両方がお客さんにお店を好きになってもらうために大切なポイントです。そんな感謝を伝える具体的な方法の一つは「誕生日」。はがきで十分です。これなら費用も安く済みます。私のビジネスではすべての業種でコピーを入れ制作した、この誕生日DMを送っています。この部分も集客代行を行うセールスライターの大切な仕事です。

P.S.
「楠瀬健之パートナー養成会」の募集は締め切りました。次回募集の優先案内はこちらから。

http://www.kusunosetakeshi.com/partner/

P.P.S.
この記事への「コメント」「質問」「いいね!」大歓迎です。これからもセールスライターの集客代行ビジネスモデルについての情報を発信していきますのでお楽しみに!

lptolink