最短・最速・成果の上がりやすいコピーのスキルアップ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ライティングしたコピーのレビューを受けないとどういうことが起きるか?

結論から言うと現実には使えないコピーが出来上がってしまいます。

実際に現場で使えるコピーを書くためには「何のビジネス」でどんな「背景」があるのかを理解し、考えて書かなければ意味がありません。

この動画は、最短・最速・成果の上がりやすいコピーのスキルアップ方法についてお話しています。

1. 自分は何のビジネスのコピーを書いているのか?を決める

あなたが書こうとしているコピーは、

美容室用?
整体院用?
飲食店用?
リフォーム業?

最初にどんなビジネスのコピーを書くのかを決めておかないと、何のスキルを磨いているのかが分からず、フワっとしたとらえどころのないスキルアップになってしまいます。

リッチ・シェフレン(Rich Schefren)が言っているようにJUST IN CASEではなくJUST IN TIME。
いつか使うために学ぶのではなく、今必要な知識を学ぶ。

どんなビジネスのコピーを書くかを明確にして実践するためのコピーを学ばなければ、JUST IN CASEになってしまうのです。

2. こんな不安を感じていませんか?

無駄のないスキルアップの方法は、まず何のビジネスのために書くのかを明確にして実践的なコピーを書き、そこで足りなかったスキルを学ぶことを繰り返すことです。

そうしないと労力や時間、お金が無駄になってしまうおそれがあります。

もちろんそういった無駄は今後の「幅」になりますので完全に意味が無いわけではありません。私も3年間無駄にしましたが、その期間があったからこそ、私は今のあなたの苦しみが理解できるのです。

「一体いつ終わるんだろう…?」
「自分のコピーの技術は上がっているのか?」

当時、私が感じていた不安です。私はそれをセールスライターにレビューしてもらうことで叩き壊してもらいました。

ですので、無駄も完全に意味が無いとは言いません。ですが、生活もかかっていますからいたずらに時間を過ごすわけにもいきません。

だからこそJUST IN TIME。

セールスライターを諦める状態に追い込まれないためにも、今、必要な知識だけを積み重ね、最短・最速かつ成果の上がりやすい方法でスキルを上げていく必要があるのです。

とはいえ、実際のビジネスに即したコピーを書くためにはクライアントが必要です。すると、

クライアントが獲得できない
 ↓
コピーが書けない

と無限ループに陥ってしまいますので、現実的な対処として実際のビジネスをイメージして書くことから始めましょう。

3.コピーは「背景」を考えて書かないと意味が無い

自分がどんなビジネスのコピーを書くのかを決めた後に必要なことは、そのビジネスの「背景」です。

資金力は?
地域での認知度は?
マーケットはどのレベル?
競合の店舗数は?

これらの背景が異なるとその後やることは違います。

たとえば地域で有名店であれば、割引やオファーを強くしなくても広告を出すだけで成果が出ることもあります。またその地域に最大手がある場合は、そこと戦わずに大手が提供できていないマーケットを選択するといったことも戦略のひとつです。

つまりコピーはクライアントのビジネスが置かれている背景によってやることが全く変わってくるのです。

そのコピーをどういった背景でリリースしていくのか?その広告はどういった背景をもって出していくのか?を考えながら書いていかないと本当の意味でのスキルは培われません。

勉強のために書かれたコピーは、現実のビジネスと完全に合致していない限り使えないのです。

実践の中でレビューを受けながら勉強していかないと使えないコピーになってしまうだけでなく、応用力も身につきません。

P.S.
実際の事例でレビューを受け、最短・最速・成果の上がりやすいコピーのスキルアップをするなら

http://www.kusunosetakeshi.com/partner/

P.P.S.
この記事への「コメント」「質問」「いいね!」大歓迎です。これからもセールスライターの集客代行ビジネスモデルについての情報を発信していきますのでお楽しみに!

lptolink


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料動画セミナーへのアクセス方法をお送りします。今すぐご登録ください。

メールアドレス

※携帯メールのアドレスは登録できません。 ※フリーメールのご登録はご遠慮ください。 ※利用規約を必ずお読みください。

«
»