継続契約獲得のはじめの一歩。クライアントが断れないオファー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

99%のクライアントがやりたいと思っている新規集客。経験のあまりないセールスライターが集客代行を行う際、最初の仕事としてはおすすめできない一方でそのニーズを無視することもできません。

そこで、クライアントにお客さん(見込み客)を獲得してもらうために「新規のチラシを無料で作りますよ」と提案します。ここでは有料の集客代行をしてはいけません。あくまで「チラシ作ってみませんか?無料で」というオファー。

この提案はクライアントが断る理由がありません。

この動画は、セールスライターが継続クライアントを獲得するためにそろえるべきツールについてお話しています。

1.新規集客チラシの無料作成は勝率100%

セールスライターが集客代行で行う新規集客のポイントは、

【ポイント1】勝率(集客の可能性)が100%に近いもの
【ポイント2】クライアント自身がやりたいと思っているもの

でなければなりません。勝率100%とは「投資したお金<売上」です。新規集客チラシの無料作成はクライアントのお金を使いませんので勝率100%になります。つまりクライアントにリスクがないのです。

2.クライアントへの提案のしかた

新規集客チラシの無料作成をクライアントに提案する際、いろいろなやり方があります。たとえば、

セールスライター:
「このチラシ出してみます?制作費はいりませんので、印刷代だけ負担いただき1回出してみませんか?もし成果がでたら他の話もさせてください。」

最初から広告作成料をもらってしまうのも方法ですが、目先の仕事が欲しいわけではありませんから「成果でたら提案させてもらえないでしょうか?」と継続契約につなげましょう。成果を出せたらFE(フロントエンド)として、有料でチラシ集客代行を行います。もし自信があれば報酬として5万円くらいを請求してもいいでしょう。

ただ、チラシはビジネスによって反応率が違いますので注意が必要です。たとえば、整体院のチラシは費用対効果が合いません。オリコミを1万部配布して5名集客できたらすごい成果という感じです。具体例を出しますと、3000円(値引きオファー)くらいの施術×5人=15000円にしかなりません。これに対し、オリコミ代とチラシ印刷代で5万円は超えてしまうので赤字になってしまいます。

そういった状況を踏まえて、新規集客チラシの無料作成の報酬は0〜5万円が適切かと思います。

3.集客の提案が自由自在できるセールスライター

セールスライターが集客代行プロセスを実行する中で、継続的なクライアントを獲得するためには、そのリードとして「新規集客チラシの無料作成」を行い、クライアントが気に入ったらフロントエンドとして「有料での集客チラシ作成」を行うという流れを作ります。

あるいは「元優良顧客の呼び戻し」を行い、成果が出たらフロントエンドとして「AA(定着客)、AAA(優良顧客)の呼び戻し」に手を広げていくことを提案していく。報酬としてはクライアントが保持する顧客100リストに対して3〜5万円が目安です。

(A)新規集客チラシの無料作成 → (C) 有料での集客チラシ作成
(B)元優良顧客の呼び戻し → (D)AA(定着客)、AAA(優良顧客)の呼び戻し

このリードとフロントエンドに関してはクライアントのニーズに合わせて組み換え、複合的に考えます。

(A)新規集客チラシの無料作成 → (B)元優良顧客の呼び戻し
(B)元優良顧客の呼び戻し  → (A)新規集客チラシの無料作成
(A)新規集客チラシの無料作成 → (D)AA(定着客)、AAA(優良顧客)の呼び戻し
(B)元優良顧客の呼び戻し → (C)有料での集客チラシ作成
・・・

組み合わせは自由ですが、セールスライターとしては提案できるようにこのツールを作り、揃えておく必要はあります。まずは、リードとフロントエンドの部分でクライアントに成果を出してもらい、クライアントからの信頼獲得を一気にやってしまいましょう。

P.S.
「楠瀬健之パートナー養成会」の募集は締め切りました。次回募集の優先案内はこちらから。

http://www.kusunosetakeshi.com/partner/

P.P.S.
この記事への「コメント」「質問」「いいね!」大歓迎です。これからもセールスライターの集客代行ビジネスモデルについての情報を発信していきますのでお楽しみに!

lptolink


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料動画セミナーへのアクセス方法をお送りします。今すぐご登録ください。

メールアドレス

※携帯メールのアドレスは登録できません。 ※フリーメールのご登録はご遠慮ください。 ※利用規約を必ずお読みください。

«
»