新人セールスライターのための継続クライアント獲得方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セールスライターが集客代行でクライアントに提案する最初の集客方法は、リスクが低く、勝率が高い(集客の成果が出やすい)ものである必要があります。そこで「既存客の集客(元優良顧客の呼び戻し)」です。ただ、ここで問題があります。クライアントは、既存客よりも新規集客を望んでいるというギャップです。クライアントがやりたいと思っていることでなければ、そもそも契約ができないのです。

継続的にクライアントから報酬を得るためには「勝率(集客の可能性)が100%に近いもの」であり、「クライアント自身がやりたいと思っているもの」である必要があります。

この動画は、新人セールスライターのためが継続クライアント獲得方法についてお話しています。

クライアントの99%は新規集客がやりたい

私がコンサルティングをしているクライアントも99%は新規集客のやり方を求めています。既存客を集客する方が成功確率が高いのに、です。(やるべきことを新規客から既存客に切り替えてもらうために2時間かけています…。)

既存の集客はほとんど失敗しないと言っても過言ではありません。勝率はほぼ100%です。私自身、既存のリストに送って失敗した記憶がありません。にもかかわらず、クライアントがやりたいと思っていないのです。そのような状況下で、クライアントに対していくら既存客の呼び戻しを提案しても受注は取れません。

集客しても嫌がられる!?

仮に運良く受注して、成果が出たとしてもこんなふうに言われます。
「これってあなたがやらなくてもお客さんは来店したんじゃない?」

たとえば、美容室の休眠客の定義を「1年以上来店がない」とします。そこで集客代行を行って休眠客の集客ができた。そこでもこんなふうに言われることがあります。
「過去の施術(サービス)が良かったから戻ってきて当然でしょ?」

そればかりか、普段集客していない場合は、お客さんに対して割引などの強めのオファーが必要になりますが、店舗スタッフ側としては、そのオファー自体が安売りと感じられます。するとこうです。
「忙しくなって、仕事を増やされた…。」

あなたがセールスコピーを使って集客を代行しても感謝されないといったことが起こりえるのです。

クライアント獲得のために必要な2つのこと

そういった背景を考えると、セールスライターが集客代行で継続的な報酬を得るためのクライアントを獲得するには、

・勝率(集客の可能性)が100%に近いもの
・クライアント自身がやりたいと思っているもの

である必要があります。

特に初めての取引であれば、クライアント側も集客代行というこれまでやったことがないものに対して様子見段階ですのでお金を出しません。さらに、クライアントが行っているビジネスについて、経験のないセールスライターへは不信感を抱きやすいという心理を考えておく必要があるでしょう。

P.S.
「楠瀬健之パートナー養成会」の募集は締め切りました。次回募集の優先案内はこちらから。

http://www.kusunosetakeshi.com/partner/

P.P.S.
この記事への「コメント」「質問」「いいね!」大歓迎です。これからもセールスライターの集客代行ビジネスモデルについての情報を発信していきますのでお楽しみに!

lptolink