ニュースレターをネットで送ってはいけない理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネット全盛の時代に生きるセールスライターであれば、ニュースレターもネット上で完結してもいいのではないかと思われるかもしれません。ですが、Webで終わらせるニュースレターにはほぼ効果はありません。ダイレクトメールで送るからこそ効果があるのです。

ニュースレターをネット上で送るとメルマガとの差別化が図れません。また、ネット上にニュースレターに相当するものをアップした場合であっても読まれていないので反応がありません。「読まれる」という点においてはダイレクトメールに勝るものはないのです。郵送代や紙・印刷代をケチってWebだけで完結させようとすると結局は労力の無駄になってしまいます。

では、セールスライターであるあなたがクライアントのビジネスで集客代行を行う際、インターネットを使う方法はまったくの無駄かというとそうではありません。オンラインとオフラインを連動させるのです。

この動画は、セールスライターが集客代行を行う中でオンラインとオフラインの使い分けについてお話しています。

1.ニュースレターは郵送がベスト

ニュースレターの効果は、直接手渡しできるもので送るからこそ効果があるので、郵送がベストです。しかもDMで送るとオファーも同梱することができます。たとえば店舗ビジネスであれば金券を同梱するだけでも来店確率が上がります。

Webは費用がかからない素晴らしいメディアですが、広告に対するお客さんの集中力は相当低いことを知っておかなければなりません。

2.自信がないならオフラインから

もし、セールスライターであるあなた自身またはクライアントにWebマーケティングのスキルがない場合、集客代行プロセスではオフラインを整備する方がよいでしょう。

なぜなら、Webはシステムなど導入そのものに時間とお金がかかってしまい、初動が遅れる恐れがありますし、何よりオフラインの方が効果が出やすいためです。

また「Webサイトを作ったら自然にリストが集まる」と勘違いされている方がいますが、リストを集めるためには広告費がかかります。加えてサイトへのアクセスを集めるために、ブログ記事などの作成が必要です。しかも記事をコツコツと1年間書き続けても効果ゼロという可能性もあるのです。さらに、店舗ビジネスの場合は、たとえリストが取れても見込み客が商圏内でなければ意味がありません。

3、チラシとWebの連動が最強

ではなぜ私がWebをすすめているか?それは、チラシとWebの連動が最強だからです。オフラインとオンラインの融合、これがポイントです。

オンラインであるホームページには営業トークをすべて配置することができます(ホームページは最高のセールスマン)。お客様の声を動画で見せることもできますし、成功事例・実績、商品の詳細や自分の想いも見せることができます。つまり、ホームページにさえ来てもらえば、お客さんがどんどん買う気になってくれるコンテンツを用意することができるのです。

お客さんがホームページを見るときは、基本見たいと思うところからみます。ホームページの素晴らしいところは、その切り口を無限に作り出せるのでお客さんの多様なニーズに応えられるところです。ホームページは、お客さんがまるで来店したかのような疑似体験をさせることができるのです。

チラシの弱点をホームページで補い、ホームページの弱点をチラシで補う。集客代行プロセスでチラシとホームページを連動させることの意味がここにあります。

たとえばチラシやFAXDMしかない場合は、そのチラシだけを見て申し込む気持ちにまでなってもらわないといけません。ですが、チラシを「ホームページを見てください」に変えると、その段階ではお客さんに申し込む気持ちがなくても1回はホームページを見てみようかなと興味を持つ。「1回ホームページ見てみよう」と思わせることと「買おう」と思わせることのどちらが難しいか?は火を見るよりも明らかですね。

ホームページは、見てもらえたら情報量は無限なのです。

P.S.
「楠瀬健之パートナー養成会」の募集は締め切りました。次回募集の優先案内はこちらから。

http://www.kusunosetakeshi.com/partner/

P.P.S.
この記事への「コメント」「質問」「いいね!」大歓迎です。これからもセールスライターの集客代行ビジネスモデルについての情報を発信していきますのでお楽しみに!

lptolink