セールスライターだからこそできるビジネスモデル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3ステップ顧客成長集客システムの中で、一度離脱してしまったお客さんの「呼び戻し」は、購入者(A)を定着客(AA)に成長させる段階だけでなく、すべてのプロセスで行うことができます。

この3ステップ顧客成長集客システムは、セールスコピーを使って行うビジネスモデルです。たとえ業種が変わったとしても、高単価であったとしてもほとんどすべてのビジネスに応用することができます。セールスライターであるあなたは、一度このしくみを理解しておけば、集客代行でダイレクトレスポンスを導入し、クライアントのビジネスの成長をサポートすることができるようになります。

この動画は、セールスライターのための3ステップ顧客成長集客システムについてお話しています。

1.すべてのお客さんを呼び戻しすることができる

集客代行プロセスの中で、セールスライターが行う「呼び戻し」は、すべての段階にある人を呼び戻しすることができます。

  • ・定着する前のお客さんの呼び戻し
  • ・定着したお客さんの呼び戻し
  • ・優良顧客の呼び戻し

この中で一番いいのは優良顧客。なぜなら優良顧客はお店を完全に気に入っていた状態ですから、何からの理由で一度離れていたとしても、呼び戻し後は、再び優良顧客になる可能性が高いのです。反対に、定着前のお客さんの呼び戻しはあまりよくありません。そもそも相性があまりよくないために離脱した可能性があるためです。

2.高単価のお客さんには使えない?

この3ステップ顧客成長集客システムの全体像をクライアントに話すと、こう言われることがあります。「うちは高単価なのでリピートはありません。」

この場合、通常でいう購入者(A)の段階を資料請求、優良顧客(AA)が購入の段階…といったように変更し、モデルを組み立て直すことで対応します。結局、どんなビジネスであっても、このモデルを当てはめているだけ。あとは微調整です。

とはいえ、高単価のクライアントにするとハードルがグッと上がりますので最初から手を出すと危険です。私も高単価のクライアントをコンサルティングするときは「成果がでるかどうかは一切保証はできません」と伝えます。経験を積むまでは単価の高くないものから始めましょう。

3、セールスライター特化型ビジネスモデル

私はまず、クライアントにこの3ステップ顧客成長集客システムのモデルを伝えて、優先順位の高いものからやることを提案しています。そして実践。仮にすべてが完全に当てはまらなくても、いくつか当てはまれば仕組み化も可能です。

大事なポイントは、ビジネスが変わっても、顧客の成長プロセスは同じであるということ。お客さんの心理の流れ、感情の変化、成長の流れは変わりませんので、実際にやることも変わりません。セールスライターであるあなたは一度、このモデルを理解してしまえば集客代行プロセスの中で微調整することでクライアントに対応できるというわけです。

P.S.
「楠瀬健之パートナー養成会」の募集は締め切りました。次回募集の優先案内はこちらから。

http://www.kusunosetakeshi.com/partner/

P.P.S.
この記事への「コメント」「質問」「いいね!」大歓迎です。これからもセールスライターの集客代行ビジネスモデルについての情報を発信していきますのでお楽しみに!

lptolink