新人セールスライターにオススメのビジネス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楠瀬は、セールスライティングを学んだときに自分のビジネスで実践できたからこそスキルが伸びました。ですが、自分の事業を持っていない人がセールスライターになろうとするのは大変だと思います。自分のスキルを試す機会がそんなに得られないからです。あなたが契約しているクライアントのビジネスにおいて、30回失敗できるでしょうか?

楠瀬が、今となっては確立できたビジネスモデルを作り出すためにしてきた失敗は、30回ではききません。何百何千というレベルの失敗です。だから、失敗をせず、現場経験を得られずにスキルを伸ばそうなんていうのは、非現実的な話なのです。

ウェブセールスライティングの教材がたくさん売られていますが、それはウェブで売れるような情報商材に特化した商品だからこそ使えます。ですが、セールスライターになろうとしている人が薄々感じてきていることがあります…。それは「そんなものを売ろうとしている人が周りにいない」ということです。もしくは、「資金力がないので広告をかけられない」といった人ならいます。

だから、現実的に考えて、セールスライターでメシを食おうと思うのなら、「集客代行」というモデルから入るのがオススメです。そこでリアルなビジネスでのスキルを磨いていくほうがいいでしょう。そして稼ぎながらビジネスモデルの構築をしていけばいいです。

実際、楠瀬のクライアントは…
ゴルフの情報商材、介護リフォーム、介護レンタル・商品販売・人材派遣。それからエステ、水道管工事、墓石、オーケストラ、飲食店、デザイナー、整体院などです。

これらでやっているのは、実は全く同じ1つのビジネスモデルです。あなたは、このビジネスモデルを習得して世の中の会社に提供して欲しいと思います。他の会社がやっていないから、成果がすぐに出るのです。

これらのようなビジネスに対してスキルを磨いていけば、現実的に月100万という報酬は稼ぐことができるでしょう。向いているかどうかは、あなたがそれを受け止めるかどうかだけです。

P.S.
セールスライターのための「楠瀬健之パートナー養成会」は現在「最後の一般募集」をしています。
この機会を逃すと、もう参加できないかもしれません。
↓↓
http://kusunosetakeshi.com/partner/

P.P.S.
この記事への「コメント」「質問」「いいね!」大歓迎です。これからもセールスライターの集客代行ビジネスモデルについての情報を発信していきますのでお楽しみに!