セールスライターは本当に稼げるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セールスライターに向き不向きがあるかという話で言うと、関係ありません。なぜなら、「やるかやらないか」の違いだけだからです。

楠瀬はいま、パートナー養成会というものをやっています。そこでセールスライターの育成をしているのです。なぜそんなことをしているかというと、あまりにもセールスコピーが素晴らしすぎるせいです。だから、現実と乖離した状態が当たり前だと思ってこの世界に入ってくる人たちがあまりにも多いのです。

そして、セールスライターが本当に稼げるのかということがみなさんも興味があるでしょう。「好きな場所・好きな時間働いて好きな収入が手に入るか」といえば、答えは間違いなくYESです。楠瀬の時給はもちろん言えませんが、少なくとも5ケタではありません。本当はこんなこと言うと「金目的」の人が集まってきてしまうので言いたくありません。しかし事実をお伝えするならばこうなります。

とはいえ、楠瀬はライターではありません。ライティングは実はほとんどやりません。コンサルも本当は本業ではありません。実業家です。しかし、企画をつくることができます。それをもとに残りのコピーを任せることができます。そして、ビジネスモデルもつくることができます。こういったことが楠瀬の仕事です。だから当然、時給は高いのです。

(だから時給が高いといったのも、セールスライターとしてと言うよりはコンサルティングやコーチングとしての報酬になりますが)

しかし、セールスライターとして稼げるかどうかといえば、間違いなくYESになるでしょう。

P.S.
セールスライターのための「楠瀬健之パートナー養成会」の募集は締め切りました。次回募集の優先案内はこちらから。

http://kusunosetakeshi.com/partner/

P.P.S.
この記事への「コメント」「質問」「いいね!」大歓迎です。これからもセールスライターの集客代行ビジネスモデルについての情報を発信していきますのでお楽しみに!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料動画セミナーへのアクセス方法をお送りします。今すぐご登録ください。

メールアドレス

※携帯メールのアドレスは登録できません。 ※フリーメールのご登録はご遠慮ください。 ※利用規約を必ずお読みください。

«
»