営業がつらいなら無理にやらなくていい理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この動画はセールスライターで起業して人生を変えたい人にとって、必ず必要なことについて解説しています。

 

営業がつらいなら無理にやらなくていい理由

 

セールスライターとして発言する方法は営業だけじゃない

セールスライターとして起業したい。でも営業は苦手だ。とは言え、クライアントをとらなきゃいけない。でないとビジネスにならない。。。営業が本当にしんどいなら、こんな風追い詰めて考えることで、逆に行動できなくなってしまいます。

無理に行動を止めてしまうような要素、つまり「苦手な営業をしなければいけない」ということを入れなくても良いです。もちろん、営業はした方が良いです。でも、それで行動を止めてしまうなら、別の方法を考えたほうが良い。

セールスライターとして発言することから始まります。発言しなければ何も始まりません。でも、これをクライアントに提案するんじゃなく、友達に俺はセールスライターだよと、そんな仕事をやってるんだと、言ってみるとか。友人に自分でライティングしたレターを見せて、「このコピーどう思う?」と聞いてみたり。こういったことをすること自体も発言することになります。

 

営業がつらいならセールスライターのスキルを磨く

クライアントを取るという結果にすごいフォーカスする。それも悪いことではないですけど、クライアントを取るというのは結果でしかありません。

確かに今までは、クライアントを取らない限り実践の場が与えられませんでした。だからクライアントを取りましょう、取るしかないですよという話をしてきました。でも今はここの場所(パートナー養成会)があります。

だから、例えば、「1年間はスキルを上げることに没頭するんだ」と決めてしまったら、発言、つまりレビューを出す、それに対して結果が出る、それに対してまた実践する、学習する、自信つけるというサイクルを回していくのもアリなわけです。

営業が苦手だという方は、変に営業活動を必死でやるよりもスキル磨いた方がいいかなというところです。

 

営業がつらいなら無理にやらなくていい理由

なぜならスキルを磨くことができれば、クライアントが取れるからです。僕のビジネスモデルをいくつか紹介しました。リード獲得の商品として、無料チラシ作成という話がありました。「無料でチラシを作ります」とこれだったら、正直、営業ニガテでもFAXDM送ったら、誰か来ます。誰かチャンスをくれます。そこで、無料のチラシを作らせてもらう。

でも、ここでスキルがない段階で行ってしまうと、結構しんどいわけですよね。

こういう業界でやってみたい。この業界なら自分が興味をもってやっていける。というものがあれば、その業界でリサーチしていろんな課題をやっていくと(パートナー養成会では)すべてツールがそろってしまいますから、その段階で自信を持って、無料のチラシのオファーのFAXDMをする。あるいはチラシサンプルプレゼントというリード集めてからやってもいいです。

営業からガンガン行って強制的に実践の場を手に入れて、自分に足りないもの理解する。正直言うとこれが一番いいです。僕はそっち側の人間です。だから人よりスピード早くこういうことをやらせてもらっています。でも普通の人は心が持ちません。つらいので。

この方法だけが正解ではないということです。

 

 

追伸

この記事を通して、できる限りたくさんのセールスライターで起業したい人に、役立つ情報を届けていきたいと思っています。お金はいりません。もし、記事が面白いと思ったのであれば、

「いいね」ボタンを押して記事をシェアして頂き、同じようにセールスライターで起業したい人に共有してもらえると嬉しいです。今後もガンガン情報を公開していくのでお楽しみに!