セールスライターによくある1つの間違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

少ない収入でも良いということであれば、セールスライターじゃないほうがいいです。ここで二択になるのですが、多くの報酬が欲しいならセールスライター、そうじゃないなら別の仕事を探したほうがいいでしょう。なぜなら、セールスライターというのはとても大変な仕事だからです。少ない報酬をもらいながら大変な仕事をしたくはないでしょう。お金も時間ももったいないです。

好きな時間、好きな場所で働いて、「誰とも合わずに」報酬を得る…。こんなもの、実はありません。これが、セールスライターを目指す人たちのそもそもの間違いです。もしこれを目指しているのなら、「やめたほうがいい」ということを伝えます。

人と相対できない人が、社長にセールスコピーの価値をプレゼンできるわけがありません。話にならないのです。だから初期の頃は、実際はライティングスキルが高い人よりも、自分を売り込むスキルがある人のほうが、収入が多いのです。そしてスキルが高まっていくにつれて、当然報酬も増えていきます。スキルが低いままでは伝えた価値が嘘になりますから、報酬は上がりません。しかし、どちらが先に成果が出るかといえば、「自分を売り込むスキルが高い人」なのです。

なぜなら、セールスライティングやダイレクトレスポンスを使っている会社が周りにないので、「やったかやっていないか」でしか差がつかないからです。だから、初期の頃はスキルが一切必要ありません。社長に「やってみよう」と思わせることができるかどうかなのです。さらに、社長はスキルの判定ができません。

もっと言うと、そもそもライティングスキルをふんだんに盛り込んだセールスコピーは、世間一般で言えば「こんなの誰も読まないよね」と言われてしまうようなものです。「いや違うんです。文字が多いほうがいいんです」と反論したくなるかもしれませんが、それは僕らの世界での常識に過ぎません。それを判断する社長は、そっちの常識に生きていません。

一般的な常識は…
・文字は少ないほうがいい
・写真がいい
・何か奇抜なもののほうがいい
です。

このような人にセールスコピーを提案するときに、価値を伝えるプレゼンができなければ、「こんなの誰も読まないよ」で終わってしまうわけです。じゃあ誰が仕事を取れるのか?「セールスコピーの価値をプレゼンできる人」です。いいセールスコピーを書ける人ではありません。本当にスキルが高まっていれば、仕事を取るためのセールスコピーを書いて送ればいいかもしれません。でもそれを待っていたら、何年かかるか分からないのです。

P.S.
セールスライターのための「楠瀬健之パートナー養成会」の募集は締め切りました。次回募集の優先案内はこちらから。

http://kusunosetakeshi.com/partner/

P.P.S.
この記事への「コメント」「質問」「いいね!」大歓迎です。これからもセールスライターの集客代行ビジネスモデルについての情報を発信していきますのでお楽しみに!