成果を出さなくてもクライアントを獲得する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この動画はセールスライターで起業して人生を変えたい人にとって、必ず必要なことについて解説しています。

 

成果を出さなくてもクライアントを獲得する方法

 

セールスライターの仕事取るためのスキル

ほとんどの場合は人間力を磨くことによって本当にクライアントと契約を継続していくことが出来ます。とはいえコピーでお客様に対して成果を出さないと意味がありません。

でも、重要なのは広告を作るスキルです。実はセールスライターの仕事は成果が出なくても、お客様が満足するだけのスキルがあれば続きます。どういうことかと言うと、このチラシ出してみたいと思ってもらえるスキルがあれば、仕事は取れます。成果は出なくてもこのチラシ素晴らしいなと思ってくれた瞬間に次の仕事決まるんです。

 

クライアントが買うもの

「世の中のほとんどすべての広告は何も売っていない」
だから広告主は成果買っていないんです。成果が出てるから買っているわけではないんです。もちろん成果がでないチラシをセールスライターが2回3回やってしまってはダメです。でも、こんなチラシ出してみたい、コピー出してみたい、チラシ自体に満足、コピー自体に満足してもらえるだけのスキルがあれば、仕事は続きます。だからスキルはみなさんを支えてくれる最大限の場所です。

 

最高のマーケティングに必要なもの

いいコピーを書ければそれだけでクライアントは取れます。雇い主がこの広告出してみたいと思うコピーが書ければ仕事は取れます。

そして何が起こるか?成果が出なくても、パンフレットも、うちの社内案内も作ってくれないか?ホームページも作りたいんだけどやってもらえないか?と言う風に依頼が来るわけです。
「最高のマーケティングは最高の商品だ」セールスライターにとって最高の商品は最高のコピーです。クライアントがスキルを高めて高めて高めれば、営業もいりません。皆さんの作った広告物自体が皆さんの営業マンです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料動画セミナーへのアクセス方法をお送りします。今すぐご登録ください。

メールアドレス

※携帯メールのアドレスは登録できません。 ※フリーメールのご登録はご遠慮ください。 ※利用規約を必ずお読みください。

«
»