儲かっていて人材にお困りの経営者へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

事業も軌道に乗ってきて経営も安定してきたし、もっともっと拡大していきたいとお思いの経営者が悩むのは「人材不足」ですよね。そして同時に、何でこんなにも優秀な人材が少ないのだろうとお悩みの経営者は多いものです。

かといって、人材獲得のために採用費用にお金もかけたくないし、よく考えたら経営的に簡単に雇用をすることはリスクが増えてしまうし・・・それでは今ある資本や、これから事業を拡大するのに人材を雇用する以外に何か良い方法はないのでしょうか。

この動画では、事業を拡大したいけど優秀な人材に出会えない経営者に朗報をお伝えてしています。

1、HPは集客手段ではなく労働力として活用すべし

もう既にHPをお持ちの経営者も多いのではないでしょうか。ですがそのHPちゃんと機能していますか?そのHPに広告もかけずに、SEO対策もしていないのに、問い合わせがあるとか、申し込みがあるとか、なかなかそんなことないのではないでしょうか。これからの時代はそのHPを「労働力」として活用しましょう。

2、儲けているから人が雇える

大抵、儲かっていない会社は集客に困っていることが多いのです。そして、儲かっている会社は人材に困っているのです。逆に儲けているから人が雇えるのですね。経営をしているあなたはお気づきだと思いますが、儲けない限りは人も雇えないし、事業も拡大できません。まずは儲けるためにDRMを活用するなどしてハードワークをするしか手段がないのではないでしょうか。

3、多様性を認めれば人は辞めずらい

かつては、人材にオールインワンを求めている時代でした。営業も事務も全てやって下さいと仕事を与えていたのではないでしょうか。ですが、現代では多様性が重視されています。向かないことを無理やりやられるから、無理がきて辞めてしまうのでしょう。時代の変化に合わせて、人材の雇い方を変えたり、経営手法も変えていかなくてはなりませんね。