公開!楠瀬のヘッドライン作成法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優れたセールスライティング教材には、ヘッドラインがとても重要だと書かれています。あなたのお手持ちの本やセミナーを読んでみたら、リサーチの次にはヘッドラインの章があるはずです。

それだけヘッドラインがセールスコピーの全てだということです。ここを読んだお客さんに「もっと読みたい」と思わせることができなければ、商品は売れません。

「もっと読みたい」と思ってもらうためには、すなわち「これは自分のことだ」と感じてもらう必要があります。楠瀬はヘッドラインの一字一句にかなりこだわります。もっとターゲットに突き刺さる言葉はないのか…。こういったことを年中考えているのです。

だから、ヘッドラインとオープニングが「セールスコピーが上手くいくかの8割」を左右すると言われているのです。

それでは、ヘッドラインはどうやって作りこめばいいのでしょうか。今回は楠瀬がやっている「ヘッドラインのつくり方」を特別に公開しています。

今回の動画では…

・社長は「自分がもう一人いたらいいのに…」と考えている
・あなたのクライアントになり得る会社の特徴
・健全な企業経営ができるラインとは?
・社長は「リタイアしたい」とは考えていない?
・楠瀬はヘッドラインとオープニングをいつも考えている
・ヘッドラインはターゲティングをしっかりとする

などについて解説しています。

P.S.
セールスライターのための「楠瀬健之パートナー養成会」の募集は締め切りました。次回募集の優先案内はこちらから。

http://kusunosetakeshi.com/partner/

P.P.S.
この記事への「コメント」「質問」「いいね!」大歓迎です。これからもセールスライターの集客代行ビジネスモデルについての情報を発信していきますのでお楽しみに!

lptolink