セールスライターが楠瀬みたいな報酬をもらう方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楠瀬が他からセールスコピーを書く仕事を受けることはありません。なぜなら、自分のビジネスでコピーを書いたほうがより効果的だからです。

そう言うと、「それってセールスライターの仕事じゃないんじゃないの?」と言われるかもしれません。しかし、基本的にビジネスモデルや商品開発を行わないと報酬が増えません。「こういうセールスコピーを書いてください」という仕事だけを受けても、5〜10万円くらいしかいただけないのです。

しかも、それはしんどいです。オファーやターゲットを勝手に決めることもできません。だから、セールスライターが報酬を増やそうと思うのなら、プランニングをやらなくてはいけないのです。これは当たり前ですよね。オファーやビッグアイデアを決めた上で書いてという指示を受けるだけの人、悪く言えば雑用係に、高い報酬を払うことはできません。

楠瀬は、報酬が高い仕事をもらえるように意識的にやり方を変えてきました。

よくあるフリーランサーへの仕事斡旋サービスも大変そうです。1枚のFAXDMを書いて5000円…。それも、必ず選ばれるわけではありません。ルールがめちゃくちゃだと楠瀬は考えています。

もし楠瀬がセールスコピーまで書くなら、以前紹介した楠瀬のもらっている報酬にさらに上乗せでもらうことになっています。1件だけ、300万円でセールスコピーを書くというところまでの仕事をもらっていることはあります。

このように、セールスライターは稼げます。ただしプランニングをどうするかというところまで関わっていかなくてはいけないのです。

P.S.
楠瀬のパートナーとして起業したい人は他にいませんか?
・効果実証済みのクライアント獲得ツール使用権
・64件の美容室集客成功事例と実績使用権
・すでに楠瀬の美容室で実績のあるマーケティングツール使用権
・美容室集客代行起業相談コミュニティ
・楠瀬健之のパートナーとしての活動権(ホームページで紹介・肩書など)

これらを手に入れて、遅くとも1年以内に起業を成功させたい方は今すぐチェック!

http://kusunosetakeshi.com/bparter/

P.P.S.
この記事への「コメント」「質問」「いいね!」大歓迎です。これからもセールスライターの集客代行ビジネスモデルについての情報を発信していきますのでお楽しみに!