初めからセールスコピーの仕事が用意されている状態で起業する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楠瀬のパートナーとなり日本美容室出版の事業部長として活躍している小野さんのインタビューをお届けします。

小野さんは、以前、Webデザインの会社に勤めていましたが、ずっと「独立したい」と考えていました。

「独立したいけど、どうしたらいいのか分からない」と悩んでいた時にセールスライターという職業の存在を知りました。

勉強を始め、セールスライター起業のための楠瀬の講座を受けて「あとはやるだけだ」と、会社を辞めることにしたものの・・・

会社を辞めることはすでに決まっているのに、テレアポや訪問を行っても、クライアントを1件も獲得できない状態でした。

しかし、あることがきっかけで、会社を辞めた直後から、結果的に、少しも仕事の獲得に悩むことはなく起業のスタートを切ることができました。

今では、DMやニュースレター、PPC広告など、色々なことに関わり、
セールスライターとして仕事に困ることなく充実した毎日を過ごすことができています。

どうして小野さんは、「仕事を取れない」と苦しむことなく、スムーズに起業することができたのでしょうか?

 

小野さんにはインタビューで次のようなことをお聞きしました。

・セールスコピーを勉強してわずか半年だった小野さんがスムーズに起業できた方法

・どうやって起業すれば良いか分からない人がやってしまう“よくある間違ったやり方”
このやり方で進むことを宣言をした小野さんは楠瀬にとても心配されました

・セミナーや講座で教えてもらったことが、もっとも身につく一番の方法
ただセミナーで教わるだけでは、ほとんど意味がありません

・普通に起業していたら絶対に手に入れることのできない貴重なもの
小野さんは、今ではこれが手に入る方法を知っているので、
過去の自分に「悩むな」とアドバイスしたいそうです

・起業してもうまくいかない考え方
楠瀬のパートナーとして活躍している小野さんが
心がけている考え方と、良くある間違った志向
などなど、、、

 

それでは動画をお楽しみください。

初めからセールスコピーの仕事が用意されている状態で起業する方法

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料動画セミナーへのアクセス方法をお送りします。今すぐご登録ください。

メールアドレス

※携帯メールのアドレスは登録できません。 ※フリーメールのご登録はご遠慮ください。 ※利用規約を必ずお読みください。

«
»