仕事を取って月30万円稼ぐために必要なスキルとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この動画はセールスライターで起業して人生を変えたい人にとって、必ず必要なことについて解説しています。

 

仕事を取って月30万円稼ぐために必要なスキルとは?

 

セールスライターとして考えられる仕事の種類

セールスライターがゼロから、クライアントを見つけて、コピーや広告作成の仕事を取って、報酬をいただく。そして、継続的な契約を結び、報酬を増やしビジネスとして安定させていく。そんなライターとしてのビジネスモデルを成り立たせるための、セールスライターの商品・仕事として考えられるものには次のものがあります。

まずリード、つまり、あなたのクライアントになってくれそうな人と獲得する商品・仕事としては、元優良の呼び戻しDM、無料チラシ、の作成というものがあります。
フロントエンドとしての商品・仕事には、休眠客の呼び戻し、チラシを実際に出してみるというものがあります。
バックエンドとしての商品・仕事には、誕生日DM、記念日DM、ステータスDMの作成というものがあります。つまり定型イベントDMの作成の仕事です。
継続契約をとるための商品・仕事には、これら定型イベントDMの管理というものがあります。これに加えて、毎月のイベントDMを作成するという商品・仕事があります。
アップセルの商品・仕事としては、魅力的な自己紹介を作成するもの、オンラインでもオフラインでもどっちも受けることができます。あとはニュースレター作成という商品・仕事です。

と、これらがざっくりセールスライターとして考えられる仕事の流れ、提案できる仕事の種類と流れです。新人セールスライターや、これから起業しようとする初心者のセールスライターにとって、地域ビスネスで活用するには、この流れを知っておくことだでも、とても有益な情報です

 

仕事を取って月30万円稼ぐために必要なスキルとは?

呼び戻しDM、定型イベントDM、そしてチラシが書けるようになるところまでスキルを磨けば、実はもうビジネスとして成り立ちます。

元優良顧客の呼び戻し、無料のチラシも作れるので、リード獲得ができます。フロントエンドとしての休眠客の呼び戻し、チラシ作成も同じくできます。定型イベントDMもかけるようになっています。そして最後、それを管理する仕事が取れます。継続契約という事です。

ここまでクリアすることができれば、もうクライアントを取っていけるんです。継続報酬もいただけます。まあ多少の、というか結構な営業力が必要ですけど。

でも、それもすごくいいチラシさえ作れれば、別に家の近所からこんなチラシ作りませんかと出してしまったら、案件を取れなくはないです。なので、これはクライアント3人くらい抱えてしまったら月30万円くらいは稼げます。まあ、イレギュラーでチラシ頼まれたりもして。

パートナー養成会では、自分のやりたい業種業界、自分の得意な業種業界というものに絞って、この課題に取り組んでもらっています。ですから、どういう状況かと言うと、自分の今後アプローチしていきたい業種業界の「マーケティングツール」、必要な「営業ツール」がそろっていきます。

 

 

追伸

この記事を通して、できる限りたくさんのセールスライターで起業したい人に、役立つ情報を届けていきたいと思っています。お金はいりません。もし、記事が面白いと思ったのであれば、

「いいね」ボタンを押して記事をシェアして頂き、同じようにセールスライターで起業したい人に共有してもらえると嬉しいです。今後もガンガン情報を公開していくのでお楽しみに!