ホームページで「お客さんを引き寄せる」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームページは、セールスライターにとって「継続契約」を獲得するためのとても有効なツールです。いったん作ってしまえば、メンテナンスやコンテンツの書き換えで定期的な仕事が入ってきます。それらをまるごと引き受けるという顧問みたいな契約も取れます。

なぜそこまでホームページが強力なのでしょうか?ホームページは、今では「引力を発生させる方法」になったからです。引力とは、お客さんを引き寄せる力です。今回の動画ではその手順を解説します。

いま、みんな感動したがっています。最近流行りのフラッシュモブや、古くは「あの人に会いたい」など、観たら泣けるような映像作品が大好きです。「とにかく映画が好き」という人もたくさんいます。

そんな共感できる、感動できる動画を、あなたのクライアントの企業・商品でたくさん作ります。例えばイタリアンレストラン。お母さんの誕生日に、子どもがこっそりと厨房でピザなどの料理をつくります。お母さんはてっきりそれはシェフが作っていて、子どもは預かってもらった先で遊んでいるかと思い込みます。しかし料理の最後に「シェフからの挨拶」ということで、子どもが出てくる。「おいしかった?」という一言でお母さんが泣いてしまう…。

こんな動画を観たら、どうしたって「いいね」は押されるわけです。言葉は悪いですが、「感動の押し売り」とも言えます。

そしてFacebookの登場です。Facebookは、地域を絞って広告を出せます。昔はウェブからのアクセスを地域で絞るということはできませんでしたが、今では可能になってしまいました。

これらを組み合わせると、とてつもない引力がホームページに発生してしまうのです。

今回の動画では、

・ホームページで引力を発生させる方法
・みんなが感動したがる動画のつくり方
・Facebook広告で地域に限定したアクセスを集める方法
・拡大・出店で絶対に失敗しない「後出しジャンケン」
・ホームページを人材獲得ツール、マネジメントツールとしても使ってしまう方法

などについて解説しています。

P.S.
セールスライターのための「楠瀬健之パートナー養成会」の募集は締め切りました。次回募集の優先案内はこちらから。

http://kusunosetakeshi.com/partner/

P.P.S.
この記事への「コメント」「質問」「いいね!」大歓迎です。これからもセールスライターの集客代行ビジネスモデルについての情報を発信していきますのでお楽しみに!

lptolink


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料動画セミナーへのアクセス方法をお送りします。今すぐご登録ください。

メールアドレス

※携帯メールのアドレスは登録できません。 ※フリーメールのご登録はご遠慮ください。 ※利用規約を必ずお読みください。

«
»