ダン・ケネディの「顧客成長の原則」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クライアント企業の収益を、もっともすぐに、そして圧倒的に伸ばせるのは「新規集客後すぐに高額商品を売る」ということです。これはダン・ケネディも言っていることです。ケネディによれば、「何の責任もない入口を用意して、そしてできるだけすばやく金銭的・時間的な責任を顧客に担わせなさい」ということです。

すなわち、最初は無料オファーで集客しておき、それで初回の来店・購入をしてくれたお客様に「もっとも価値のある高額商品を売る」というのは、ケネディも言っていることなのです。

もともと、お客様も起こっている問題の原因をきちんと認識しているわけではありません。確かに表面的に何かトラブルが起こっていて、それを見たお客様がお店にやってきます。しかし、根本の原因は潜在的であることがほとんどです。それは、プロであるこちら側しか分からないこともあります。

プロであるこちらも、お客様の言うことだけを信じて表面的な問題解決にあたっても、また別の問題が発生するだけかもしれません。だから私たちの義務は、高額であっても価値のあるパッケージを最初から販売するということになってくるのです。

今回の動画では…

・ダン・ケネディの言う「顧客成長の原則」
・整体院におけるビジネスモデルのズレ
・お客様の抱えている問題の原因は潜在的である

といったことについて解説しています。

P.S.
セールスライターのための「楠瀬健之パートナー養成会」の募集は締め切りました。次回募集の優先案内はこちらから。

http://kusunosetakeshi.com/partner/

P.P.S.
この記事への「コメント」「質問」「いいね!」大歓迎です。これからもセールスライターの集客代行ビジネスモデルについての情報を発信していきますのでお楽しみに!

lptolink