プライベートトークがリピート率を下げている理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お客さんはあなたの美容室に何を求めているのでしょうか?友達のような関係でしょうか?恐らくそんなことはないでしょう。あなたの美容室に来店されるお客さんの99%は、髪を綺麗にするために来店されています。特に、新規集客したお客さんは絶対に、友達気分では来店しません。

ですが、多くの美容室のスタッフが再来店してもらおうとする時に、プライベートトークなどを話して、友達のように仲良くなることでリピートしてもらえると勘違いをされています。今日は、勘違いをしているスタッフがいることで、リピート率が下がってしまう話しをしています。

今回はこんな話しをしています。

・この人にずっと見てもらいたい!

もし、あなたが集客した新規のお客さんに、「この美容師さんにこれから見てもらいたい」と思ってもらえたらどうですか?嬉しくないですか?ですが、プライベートトークをすることで、お客さんからの信頼は失われ、2度と会いたくない美容師になってしまいます。プライベートトークをしないで、信頼関係を構築する方法

・手を抜いていませんか?

少し厳しいお話をします。あなたのお店に来店されたお客さんにプライベートトークをするのは、「プロとして手を抜いている」と言わざるをえません。もちろん、プライベートトークもするにも勇気がいりますし、話の内容を考えたりするにも努力が必要なのかもしれません。それを理解した上で「手を抜いていませんか?」をお話しをしています。なぜ、プライベートトークをすると手抜きになってしまうのか?

・お店の売り上げが下がっているのは不景気が原因ではない

インターネットでよく耳にします。「不景気だから売り上げが下がっている」この表現は正しくありません。もちろん、景気は良くありませんが、それが原因で売り上げが下がっているのではありません。逆に好景気になっても、自動的にあなたのお店の売り上げがあがることはないでしょう。あなたのお店の売り上げが減っている本当の理由


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料動画セミナーへのアクセス方法をお送りします。今すぐご登録ください。

メールアドレス

※携帯メールのアドレスは登録できません。 ※フリーメールのご登録はご遠慮ください。 ※利用規約を必ずお読みください。

«
»