美容室で金券DMを使って顧客単価をアップする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美容室が倒産する理由の1つがこれです。「顧客単価のアップ」です。勘違いをしていただきたくないのですが、美容室の売上アップをするのであれば、「顧客単価のアップ」は必ず必要になります。ですが、多くの美容室オーナーは顧客単価のアップを図り、失客を増やすことになって、経営がなりたたなくなってしまいます。

今回の動画では、あなたの美容室でどうやって顧客単価をアップするのか?そして、なぜ美容室が顧客単価のアップを図り、倒産をしてしまうのか?その理由をお話しします。

 

今回はこんな話をしています。

1.顧客単価アップの落とし穴

顧客単価のアップを図るため、スタッフにセールスを指導して、店販商品や追加のメニューをお客さんにしてもらおうとしてしまいます。これが大きな間違いです。なぜ、セールスをかけられたお客さんが「喜んで」店販商品を購入したり、メニューを追加したのに、次回の予約がされないのか?

2.あなたのライバルは誰ですか?

あなたの競合は店舗近くの美容室だけだと思っていませんか?実はそんなことはありません。あなたのライバルはもっと沢山います。化粧品会社、エステ、ドラックストア、、、「もうこれ以上の単価アップは無理」と諦める必要がない理由。

3.金券で来店されるお客さんが優良客になる理由

多くのオーナーさんは「金券」を使って集客するのに非常に難色を示されます。もちろん、理由は理解できます。例えば3,000円の金券であれば、単純に顧客単価が3,000円下がってしまうからです。ですが、金券を使ってリピートをしてもらっても顧客単価は簡単にアップします。なぜ、金券を使うと顧客単価はアップするのか?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料動画セミナーへのアクセス方法をお送りします。今すぐご登録ください。

メールアドレス

※携帯メールのアドレスは登録できません。 ※フリーメールのご登録はご遠慮ください。 ※利用規約を必ずお読みください。

«
»