ヒント:飲食店の利益を増大させる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

想像以上の方がクイズに挑戦してくれてめちゃくちゃ嬉しい。

ありがとうございます。

みなさん勉強されてることがよく分かる素晴らしい考察ばかりだった。

でも、、、

それよりも何よりも素晴らしいのが

「自分で一度考えたこと」

これに勝ることはない。情報を受け身で聞いていると「知ってるつもりの知識」が増えてしまう。「知ってるつもりの知識」は最悪だ。

なぜなら「知っている=思考停止」だからだ。そして、真面目に学んでいる人になればなるほど「知ってるつもりの知識」が増えてしまい、思考停止になる傾向にある。

今回、クイズという形で一度自分で考えてみたことで、考えながら情報を受け取ることの価値を感じてもらえたのではないだろうか?

これをきっかけに考えながら情報を受け取る習慣を手に入れてほしい。

ダンケネディのビッグレッスン「最大の間違いは一度やっただけでやめてしまうことだ」

それじゃあ、本題に移ろうと思う。

クイズの反響があまりにも大きくて嬉しかったので、もう1日だけその余韻にひたらしてもらうことを許してほしい。

ということで、いくつかヒントを出してもう一度考えてもらおうと思う。

ヒント①ランチ単価900円。ディナー単価1200円

ヒント②繁華街から外れた立地のため、お酒需要を訴求するのが難しい

ヒント③売上=単価×総客数

ポイント:最も影響が大きいところ(ボトルネック)から改善していく

この「最も影響が大きいところから改善していく」という思考は常に頭の中に置いておくべきことで、DRMを勉強している人たちはついついこれを忘れてしまう。

たくさんのテクニックを手に入れてしまっているから、ついつい「新しく手に入れたテクニック」「お気に入りのテクニック」「自分の一番得意なテクニック」を優先的に使ってしまう。

これは間違いだ。

まずは「最も影響が大きいところから改善していく」ことが重要だ。

影響の大きさを考えずに改善していくと起こる最大のリスク

業務が増えすぎて会社がまわらなくなる

これが起こってしまう。

忙しい割に利益が出ないためモチベーションが下がる

DRMを実践するのをやめてしまう

というサイクルに入ってしまう。

DRMは「一回実践したらずっと効果が持続するというものではなく、継続し続けることで大きな成果が持続する」というものなので、継続することが最も重要になってくる。しかし、影響の大きさを考えずに手当たり次第改善してしまうと、業務が増えすぎて会社が回らなくなってしまう。

これは本当によくあることなので注意してほしい。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料動画セミナーへのアクセス方法をお送りします。今すぐご登録ください。

メールアドレス

※携帯メールのアドレスは登録できません。 ※フリーメールのご登録はご遠慮ください。 ※利用規約を必ずお読みください。

«
»