既存客にリピートし続けてもらうDMの出し方 新規集客その13【美容室集客知恵袋】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美容室オーナー様からご質問を頂きました。

Q.美容室の集客で安い値段のクーポンのチラシやwebでの割引のクーポンを
その地域にだし続けると、その美容室のイメージが安売りしている美容室だと
定着してしまいませんか?割引したときしか客がこないとか、
出しはじめはそこそこ安さにつられて新規集客ができ ると思いますが、
徐々に頭打ちになって、かえって常連客が離れる可能性もないのでしょうか?


今回はこんな話をしています。

・「割引」でよくある間違い。
割引は使い方を間違えると、クーポンハンターのように、
安いお店を常に探しているようなお客さんを集客してしまいます。
単価が高く、リピート率の高いお客さんを集客できる「割引」の使い方。

・なぜ、クーポンを使っても単価7,000円のお客さんを集客できるのか?
美容室業界では平均顧客単価は4,000円前後と言われています。つまり、
私のクーポンで来店されるお客さんは割引しても
7,000円という単価の高いお客さんが来店されます。

・お客さんはあなたのお店を知りません。
実際にあった話ですが、ビジネスパートナーの田中さんの店舗は
20年以上経営している美容室です。ですが、折込広告で来店されたお客さんには
「ここに美容室があるとは知らなかった」と言われました。
つまり、広告を何回か出したところで、
簡単にお客さんのイメージは固まることはありません。。。

楠瀬健之【公式チャンネル】

楠瀬健之【公式Facebookページ】

日本美容室出版


コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>