営業経験ゼロの新人セールスライターがテレアポでクライアントを獲得した方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実は、セールスライターの勉強を始めたのは3ヶ月前なんです。。。

 

楠山さんは、数ヶ月前まで子育てをしていました。セールスライターという仕事も、就職する気力もなかったので、自分のペースで仕事ができそうだったので始めただけです。そして、美容室の集客代行ビジネスと出会ったのは、セールスライターの勉強を始めて数日後でした。

なので、コピーも書くこともできない。さらに、子育てをずっとしていたので、営業スキルもゼロの状態から美容室の集客代行ビジネスを開始しました。正直、見切り発車だったと思います。自分に自信がなかったので、テレアポをしても「ボソボソ」いうだけで、美容室オーナーさんに話を聞いてもらうこともできません。こちらが話している途中で電話を切られる事も多々ありました。

しかし、コピーも書けない、営業スキルもない楠山さんも美容室の集客代行ビジネスを始めて、2ヶ月ほどでクライアントを獲得することができました。しかも他店舗展開している美容室が2件同時にです。。。

これは決して楠山さんの営業スキルがあったからでも、セールスライターとしての実力があったからでもありません。クライアントを獲得できずに挫折していく新人セールスライターと、クライアントを獲得して報酬を得ることができるセールスライターの違いはたった1つです。

なぜ、コピーのスキルも営業経験もゼロの新人セールスライターがテレアポでクライアントを獲得できた方法

↓↓↓